RSS | ATOM | SEARCH
帰り道ぽつねん
幸せはお金じゃ買えないってよく言われるあれ。
幸福感ってお金を出すことで得られることも割とあると思う。

幸福感を買ってる気はないけど、チョコ買って食べるとか、コレクションが増えるとか、何かを買ったことで結果幸福感が得られる。
この、「感」ってのがくせもの。「幸福になった気がする」のともちょっと違う。
幸せじゃないわけじゃない、けど、今あまり幸福感はないかな、とか、そういうやつ。
総合点と部分点、とか?そういうやつ?
author:, category:悶々, 18:10
comments(0), trackbacks(0), - -
みとめる
「誰かはきっと見てくれてるから」
昔から母に言われ続け。

骨折り損かな、と思っても、でもやっておいた方がいい気がする、やらなきゃ、っていうのは、やっちゃう。
結構世の中「えらいね」とか「ありがとう」って言われてもいいのに、って事が当たり前になって回ってる。ごみ収集とか、電車のダイヤとか、教育現場とか。やってもらってることが沢山ある。で、問題があると「当たり前」を崩されて非難する。
当たり前を維持することは大変なんだ、ということを、縁の下の力持ち達はきっと知っている。だからいろんな人に優しくなれるし、自分に誇りがもてる。
自分こんなに頑張ってるよ、って言うのは違う。
みんな頑張ってるから。社会が回ってるってすごい事なんだと思う。
誰かがどこかで誰かに「この人、実は頑張ってるんだ」って知ってる、それだけですごく救われる。
めぐっていく優しさや頑張りの中に入れる人間でありたいと思う。

で、矛盾するのは失敗しくよくよしてるときに、
「そんなの誰も見てないし気にしてないから」
って母に言われ続けてきたこと。

どっちだよっていう。
どっちもなんだよ。
author:, category:悶々, 16:06
comments(0), trackbacks(0), - -
数値にできないけど
例えるなら、バロメーター。
最高の状態になったら、次の段階に進める。
それが少しあがったからといって次の段階に進もうというほど焦ってはいない。
最高の状態にするのに近道があるなら、そちらを選ぶのもやぶさかではないけれど、
その近道に自分が満足できないなら、まぁ自分なりに最高の状態目指してがんばるかな、と思えるくらいのゆとりはある。
要はそういうことなのだと思う。

芯を揺るがす人って解明したくなる。


ところでシャンプー後、ドライヤーかけるときに必ずポルノグラフィティの「ライオン」が脳内再生されます。たてがみ…。

author:, category:悶々, 21:50
comments(0), trackbacks(0), - -
振り返り


アザラシの泳ぐ姿ってホント気持ちよさそうでいつまでも眺めていられる。

この旅行中、啓発系の話が好きな義兄が今話題の「ひきよせ」ってどういう思考かってのを小出しにしてました。
求めれば与えられるもんだなぁと思う。意外と願いって叶う。期待レベルではなく、願いレベル。
…なんか文字にすると胡散臭くなるなぁ(笑)

逆に自分の中で、期待や羨望はあるけど願うほどじゃねぇな、っていうのが存外多い事にも気付いたりして。
author:, category:悶々, 17:00
comments(0), trackbacks(0), - -
重い
わたしもだけど、皆等しくだけど、わたし以上に、親に老いが迫る。
車の運転はもうしないでおくらしい。

やだなぁ。

自分が生まれた家族以上、あるいは同等の繋がりが、まだない。
author:, category:悶々, 14:20
comments(0), trackbacks(0), - -
一考


ひとりぐらし、楽しんでいるけれど、

自分のための時間を過ごす休日は、人との会話がないから、さみしいと感じる日もある。

例えば今さみしい。

でもこちらから誰かにコンタクトとるのは、面倒という気持ちが勝つ。なんか、そんな時もあるんだよね。

だって思い通りの応えを受け取れるわけじゃないし、そのさきを考えなきゃいけない。

自分だけで完結しないことにはまた違うエネルギー源が必要な気がします。


でも例えば思いがけないお土産が、外国のお菓子なのに大好きな駄菓子の味に似ていて、ありがとうって気持ちで食べてると、

寂しさも荒みそうな思考もちょっと修正される気がする。


ひとりじゃ生きていけないなぁ

author:, category:悶々, 19:09
comments(0), trackbacks(0), - -
関わるってこと
うっかり人付き合い下手じゃない気がしちゃう時期もあったけど、どうにもこうにも不器用。
我が強すぎても任せすぎても協調性あるとは言い切れないのだと思う。間合いがうまい人羨ましい。うまいけどうますぎない人もまた好ましいが。
ん?それって致命的でない限りどうでもいいってことか。
author:, category:悶々, 06:39
comments(0), trackbacks(0), - -
自然
ぽかぽかとかきらきらと晴れてると気持ちがいいとか、
暗いと気落ちするとか、でもそんな中凛とのぼる月を見ると律せられるとか、
落ち込んでる時にふと花が咲いてると元気をもらえるとか、
自分で感情を制御出来ないときにこの影響力。
文明の中に生きててもやっぱり人間も生命体だ、なんて思ったりします。

きたよモヤモヤするやつ。
author:, category:悶々, 18:39
comments(0), trackbacks(0), - -
ぶり大根
味のしみたぶり大根が大好きです。
でもこれ、命食べてる感がハンパない。
それなりに大きかったであろう魚がバラバラにされて、海の温度とは程遠い熱湯でくつくつ煮えられて、それをぺろぺろ剥がして食べる私。
煮ちゃえばこんなに容易く剥がせちゃうんだなーって思わずにいられない。
んまい。
author:, category:悶々, 20:23
comments(0), trackbacks(0), - -
どうやら
鞄に財布を入れ忘れて二日間過ごしたらしい。
交通費はICカードで、となると一切財布を必要としない日もある。
確かにそうだけどね、なんかこう、びっくりだよね。

ちなみに電車やバスに一人で乗る限りどうしたって本を忘れるとテンパります。
だって音楽きくとかぼーっとしてるとか、どこ見たらいいか困るじゃん!
本無いと時間長く感じたりするじゃん!
電車でゲームとかネットサーフィンとかちょっとやりにくいじゃん!
読書は暇潰し兼、視線の逃げ場。
author:, category:悶々, 21:40
comments(0), trackbacks(0), - -